ヴィーナスカーブは前後がわかりにくい?

疑問を持つ子猫

加圧式骨盤ガードルのヴィーナスカーブは、気になるお肉をしっかりと中に収めることで引き締まって見えます。

そうして毎日履いているうちに、加圧によって燃焼されていつの間にかなくなっているはずです。

そこには骨盤矯正効果も発揮されていますし、サーモ機能も働いています。

だからしっかりと履く事が大事なのですが、実は前後ろが非常に分かりにくいという特徴があるのです。

逆でも履けるんだったら、別にいいんじゃないの?

こんなこと考えたら絶対にダメです。

だって、前後を逆に履いたら余計なお肉がヴィーナスカーブの中に収まらなくて、あちこちに逃げてしまいます。

すると体型が余計みっともない事になってしまいますよ!

だから前後はしっかり見て履くようにして下さい。

分かりにくくはあるのですが、見分けるポイントはしっかりあります。

後ろ側は膨らんでいる?

体型を矯正する際に、お腹はペタンコにしても、お尻はポコッとしていますよね。

だからヴィーナスカーブのお尻のところは膨らみがあるのですよ。

見分けるコツは、ヴィーナスカーブを両手で持って垂らしてみます。

すると、どちら側かに膨らみがあるはずです。

この膨らんでいる方が後ろとなります。

洗濯表示を探す?

もっとわかりやすいのは、洗濯表示の付いたタグを探す事です。

タグは後ろ側に付いていますので、ひと目で見分ける事が出来ます。

ヴィーナスカーブが黒なのに対して、タグが白いのでわかりやすいですよ!

でも、使っているうちに取れてなくなってしまう事もありますね。

そんな時はお尻の膨らみで見分けて下さいね。

とりあえず履いてみる?

2通りの見分け方を紹介しましたが、とりあえず履いてみるという方法もありかも…。

前後を逆に履くと、なんとなく違和感を感じますのでわかると思いますよ!

それにウエストのところの縫製は前後で違いますので、それを覚えておいて見分けるという方法もあります。

逆に履くと、加圧が正しくかからないのでちゃんとした効果が発揮されません。

購入したらタグが新しいうちに、見分ける方法を身につけておいた方が良いみたいですね。

ちゃんと履けばちゃんと効果は現れると思いますよ!

⇒ヴィーナスカーブの公式サイトはこちら